家

リフォームで気分一新

ワーカー

新しく建った家の状態というのは、中にある柱の状態がちゃんとしているだけではなく、内装である塗り壁や外壁塗装の状態も良い状態となっています。しかし、時がどんどん経つにつれて塗り壁や外壁塗装が劣化していってしまい、見た目の状態が悪く見えてしまう場合があります。また、塗り壁や外壁塗装が持っている本来の力も発揮されない為、過ごしにくくなってしまう可能性があります。なので、リフォームをする時は塗り壁や外壁塗装をした方がいいのですが、塗り壁や外壁塗装には様々な種類があります。その為、リフォームをする時にどのような種類をやればいいのか分からないという人が多いでしょう。そこで、どのような種類があるかというのを後ほど説明していきますが、外壁塗装をする場合、業者に依頼する方法と自分でやる方法があります。業者に依頼をすればプロという事もあり綺麗に塗ってくれますが、中にはDIYが好きで自分でやりたいという人もいるでしょう。しかし、自分でやる場合、何も考えずにやってしまうと綺麗に塗る事が出来ないだけではなく、窓といった場所にまで飛び散ってしまいます。そうなると、余分にリフォームをする事になるので余計なお金を使ってしまう事になります。ですが、どのようにすればいいのかなんていうのは普通は分からない為、迷ってしまう人が多いです。実は、外壁塗装をする前にやっておきたい事があります。それは何かというと、外壁塗装が剥がれてしまった時に起きてしまう現象「チョーキング」を水で洗い流して綺麗な状態にしたり、窓に飛び散ってしまわないようにと養生する事です。これらを前もってしておく事で無駄にリフォームをする心配がなくなります。内壁や外壁にそこまでこだわっていない人は、劣化しているにも関わらず「別に外壁塗装や塗り壁なんてしなくても大丈夫だろう。」と考えてしまいます。しかし、劣化している状態をそのままにしていても良い事はないので、外壁塗装や塗り壁はちゃんとやりましょう。

日本伝統の素材

一軒家

外壁塗装をすることで防水性が高まり、住宅を長持ちさせることができます。また、塗り壁を利用すれば自然素材ならではの雰囲気を楽しめるので、日本風なイメージを求める方は利用してみましょう。

詳しくはコチラ

何十年も住宅を保護

作業員

壁の表面に塗るだけで建物の耐久性を高めてくれる外壁塗装は、数十年もの間家を守ってくれます。また、最近では色々な塗料が誕生したことで、さらに高い耐用年数を持つ塗料もあります。

詳しくはコチラ

新築同様に仕上げる

家

新築した家も10年、15年と経つとあちこち傷みが生じて来ます。内外装もカビや汚れが目立ってきます。建替えるには資金が掛かり過ぎるといった場合、リフォームという選択肢があります。

詳しくはコチラ