キレイに塗れました

postheadericonリフォームで気分一新

新築した家も10年、15年と経つとあちこち傷みが生じて来ます。
内外装もカビや汚れが目立ってきます。
建替えるには資金が掛かり過ぎるといった場合、リフォームという選択肢があります。
リフォームすることで新築したときのような状態になり、リフォームの仕方によっては、家のイメージも華やいだ感じや落ち着いたたたずまいに変えることもできます。
内装に関しては、クロスの張替えということもありますが、ここでは塗り壁で仕上げてみるということを紹介します。
この塗り壁は日本古来から行われていた技法で、自然の素材を使用するので環境にやさしい。
珪藻土、漆喰といったものを素材として職人がコテやローラーで仕上げていくものです。
そのため、塗り壁は唯一無二の仕上がりで様々な表情を持たせることができます。
断熱性があり湿度を調整する機能もあり、住む人にやさしい。
それが塗り壁です。

リフォーム中

postheadericon塗装の種類

外壁ですが、最近は外壁塗装の種類も増え様々な機能を持たせたものが出て来ています。
価格的にはアクリル系外壁塗装が安くなっていますが、耐候性、防汚性などを考慮するとウレタン系、シリコン系、フッ素系あるいは光触媒の外壁塗装も候補に上がります。
外壁塗装の種類によって耐用年数が変わってきますので、材料の価格差は確かにありますが、工事費用のことを考えれば、耐用年数を長く取れる材料を使用し工事回数を減らしたほうが結局はお得になるともいえます。
我が家の内外装をリフォームし気分を一新して家族団らん、健康に過ごしましょう。

真っ白な外壁

postheadericon外壁塗装のテクニック

家が古くなった時、建て替えをせずに綺麗に復元する方法として、リフォームという手段があります。
中でも、家の外観を綺麗にしたい場合は、外壁塗装をすれば綺麗になります。
ただ単に外壁を塗り替えるだけでは、やり方によっては長持ちしませんので、長持ちする外壁塗装のテクニックを紹介します。
まず、いきなり塗ってしまうのはよろしくなく、高圧水洗浄を行って外壁の汚れやチョーキングを取り除く事が大切です。
そうする事でペンキの密着性が高まり、塗り壁の耐久性が良くなります。
次に、塗装しない部分にマスカーやマスキングテープ等を用いてペンキの付着防止養生を行います。
もし、養生をせずにペンキを塗ってしまうと、窓ガラス等にペンキが飛散して汚れてしまう可能性が高くなり、外壁が綺麗になっても窓が汚くなってしまいます。
次からいよいよ塗り壁の工程になりますが、いきなり仕上げのペンキを塗ってしまうのではなく、まずは、下地塗料を塗らなくてはなりません。
下地塗料には、既存外壁の内部へ塗料が吸い込まれるのを抑制したり、既存外壁にしっかり密着して仕上げ塗料の密着性を良くさせる働きがあります。
次に、仕上げ塗料を塗るのですが、一般的には、仕上げ塗料を2回塗り重ねます。
また、下地塗料から仕上げ塗料、仕上げ塗料からもう1回仕上げ塗料のインターバルが大事で、まだ塗料が乾燥していないうちに塗り重ねないようにしないといけません。塗り壁が仕上がったら養生を剥がして外壁塗装というリフォームの完成です。

外壁塗装のリフォームをもっと完璧にしたい場合は、塗り壁作業前にクラック補修という防水工事を行えば、耐久性の良いリフォームができます。

オススメリンク

地震対策のためのリフォームは大切です!:耐震診断で始める地震対策
ボロボロの壁をどうにかしたい!外壁塗装を豊田市でお考えならこちらいお任せください。新築の時のような美しい壁に変身しますよ!
住まいに関すること。悩みはありませんか?奈良でリフォームをお考えならこちらにお任せください。相談見積もりも無料でおこなっていますよ。
外壁塗装を千葉でする時は実績のあるここに!;一陽塗装

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031